ソーシャルギフトは比較しながら選べるプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

贈り物をする機会には何かと事欠きません。誕生日や記念日といった馴染み深いものや、全快や就職をお祝いする際にも必要でしょう。また結婚式の参加者に対しては礼儀として何らかの感謝の品を贈らなければなりません。こうした場合最も懸念材料となるのは、相手が喜んでくれるかどうかです。
嬉しくないものを持たされても文字通りのお荷物となってしまいます。こうした悩みを解消するものとしてカタログギフトなども一般的になってきました。ただ依然として重く嵩張ってしまうという問題を抱えています。
そこで情報技術を駆使したよりスマートなやり方が開発され、人気も上昇中です。たとえばソーシャルギフトは比較しながら好きな商品を選べます。しかもカタログを手にすることもないため、極めて利便性の高いサービスです。

カタログ代わりになる一枚のカード

ソーシャルギフトが比較検討する方式といっても、相手に紙でできた小冊子を渡す必要はありません。採用できる方法は複数存在しますが大掛かりでもチケットを何枚か手渡すだけです。その中にはQRコードが印刷されており、スマートフォンで読み取ることで効果を発揮します。自動的に特設サイトに誘導されカタログが一覧表示されますから印刷コストさえかかりません。
利用者はカタログギフト同様、好きなものを選んで申し込むだけです。申込書にペンで記入する手間さえいらず、負担をより軽くできることもメリットになります。採用できる方式としてはカードやチケットの他にメールやSNSでの送信も可能です。これならば遠方の相手に郵送する手間もなく、迅速にプレゼントをすることができます。

オリジナリティが出せる優れたカスタマイズ性

多くの人に選ばれているソーシャルギフトは、比較して好きな商品を選ぶだけが魅力ではありません。貰う側だけでなく送る側にも、幅広い楽しみ方ができます。カタログは自由にカスタマイズすることができ自分なりのページを作成可能です。デザインだけでなく商品のラインナップも自在に組み替えられます。自社製品の掲載も受け付けてくれますから、企業が得意先などへお礼を行う時にも有用です。また独自の特徴としてアンケートが設置できることもあげられます。
こうした多様な機能は従来型のカタログギフトにはありません。何より無駄な費用がかからないことが最大の利点です。もしもカードが余ってしまった場合は無効化できますから、誰でも安心して活用できます。自由な発想で贈り物を実施して人間関係を円滑にしていきましょう。

ピックアップ記事

ソーシャルギフトは比較しながら選べるプレゼント

贈り物をする機会には何かと事欠きません。誕生日や記念日といった馴染み深いものや、全快や就職をお祝いする際にも必要でしょう。また結婚式の参加者に対しては礼儀として何らかの感謝の品を贈らなければなりません...

ソーシャルギフトをキャンペーンに利用する

企業が販路を拡大するために行うキャンペーンはその効果が大きい反面、かかる経費が大きな問題となる場合がたくさんあります。経費を十分に掛ければそれだけ高い効果が期待できる半面、高い効果が得られない場合の経...

ソーシャルギフトの市場規模と市場参入のメリット

ソーシャルギフトサービスとは、インターネットで購入したギフトをメッセンジャーや電子メールなどを利用して贈るサービスを指します。相手に会えなくても、住所がわからなくても、SNSやメールアドレスさえ分かれ...

海外で流行しているソーシャルギフト

これまでは誰かにギフトを贈りたいときには、お店で購入したものを手渡ししたり、インターネットで配送の手続きを依頼したりするのが当たり前でした。しかし、人の付き合い方も変化しており、毎日会っているかのよう...


コンテンツ

カテゴリー